(社)東京都トラック協会青年部ネットワーク
 


2008年(平成20年)12月10日
年末号 No.48
(社)東京都トラック協会青年部発行
編集者 佐藤 孝高
東京都新宿区四谷三丁目1−8
TEL.03−3359−4137
FAX.03−3359−6020
URL  http://www.ttas.jp/
E-mail seinenbu@tta.ne.jp
 
皆さん、こんにちは!
本部長 大島 弥一
まず初めに、前号でお知らせした海外研修(タイでの植林)についてですが、誠に残念ながら、現地の情勢不安により延期になりました。来春に予定して動いておりますが、今なお、空港閉鎖になったりしていますので、中止になるかもしれません。その場合は、また違った環境プロジェクトに取り組みますので、よろしくお願い申し上げます。
  さて、夏をピークに燃料の価格は下がってきておりますが、ガソリンとの価格差が10円を切っている現実。またアメリカに端を発した金融恐慌と株価の下落で、気が付いたら世の中が不況になってしまいました。自動車産業等も減産傾向にあり、当然運ぶ荷物も・・・。以前より厳しい経営環境に変わりはないですが、「きらめき」が手元に届いている皆さんは、これまで数々の難題をクリアしてきている訳ですから、一人で考えているより、是非その悩みを青年部に回してください。きっと違った意見、アイデアも出てくるのが青年組織のよいところであり、解決策が見出せなくても、皆同じ事で悩んでいるというのが分れば、明日からの活力になるのではないかと、思っています。
おかげさまで、本部青年部の今年の行事はすべて終了しました。来年は2月4日(水)に三組織合同セミナー・新年会(ロジ研担当)が京王プラザホテルで、2月13日(金)に全国物流青年経営者中央研修会がグランドプリンスホテル赤坂で、3月6日(金)に青年経営者研修交流会が本部で予定しておりますので、1人でも多くの方にご参加いただき、『ヒューマン・ネットワーク』を皆さん自身の手で広めていただけたら、と願っておりますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします!

 
◇大田支部

今年も終盤を迎え、大田支部では、骨髄ドナー登録推進活動や献血活動、毎年恒例となっている「OTAふれあいフェスタ」への参加など、各部員が大変忙しく動き回りました。これらの活動も着々と結果が出てまいりましたが、今年は、昨今の景気不安や若手経営者が直面するであろう経営諸問題に少しでも対応できるようになることを目的として、地元の税理士の先生を講師に迎え、「経営実務講座」と題し、「新会社法」「財務諸表の見方」「事業承継」をテーマに、計10回シリーズでの勉強会を実施しました。数字に取り組む大切さ、今後会社を継承していく立場の者に必要な知識や実態など、各々に得るものは違えど、ためになるものとなりました。
  なお、大田支部では現在、研修・講習、ボランティア、広報などの委員会を立ち上げ、今後の活動を検討していくこととなりました。その中で、他支部の方々との交流会も企画されております。また、今後も皆様のご協力を宜しくお願い致します。
情報通信員 池谷 裕一郎 潟Iリエント・ロジ
 
◇新宿支部

連日の寒さに耐えきれなくなり、コートを引っ張り出しました。越冬できるか心配です。そんな寒さでも、新宿支部は地域活動を惜しみません。11月16日には、障害者福祉施設の『あゆみの家』にて、もはや目玉となりつつある移動動物園を今年も開催しました。小雨の降る生憎の天気となりましたが、施設の協力でテントを張って頂き、来園者も賑やかに動物達と触れ合うことが出来たようです。
続いて25日には、牛込警察署の協力も得て、区内の市谷小学校で交通安全教室を開催しました。都心であるが故にハイソな校舎の為、大型車は入れませんでしたが(嫌味ですか…)子供達に事故の恐ろしさを伝えるには充分の迫力でした。会場に集まった幼稚園・小学校の約600人を前に、ダミー人形とトラックを使って、実際にあった死亡事故を再現しました。人形とはいえ、飛び出して車両にひかれる瞬間は息を飲み、子供たちも悲鳴をあげます。安全確認をせずに、飛び出してしまう事が、事故の原因となってしまうことがあることを認識してもらいました。学校の先生の話に『この人形が、友達だったら、家族だったら、どんなに悲しいか』という言葉が印象に残り、全ては命あっての物種であると再認識させられます。そして最後に、死角体験を実施しました。トラックの死角に自転車を置き、運転席から目視で見えるかを体験してもらい、次に降りてみて、実際に自転車がある事を確認させると、驚きの声を上げます。
『自転車に乗る時は気をつけてね』と調子に乗ってアドバイスをしていましたが、中には『私、自転車なんか乗りませんから!』…さすが新宿、失礼しました。
情報通信員 渡辺良祐 七福運送
 
◇足立支部

10月の11日・12日と2日間、足立支部青年部では恒例となりました“あだち区民まつり”(A-Festa2008)に参加し、初日の11日にタイヤ引きレースを行いました。当日の朝は雨が降ったり、止んだりといった状況で、イベント的には最悪な天気でした。来場者も出足が鈍り、昨年ほどの参加者数が見込めない不安感が募りました。タイヤ引きレースは午後から(13:00〜)の開催なので、遅くても12:00までには開催か、中止かの判断をしなければなりませんでした。雨が止んだかと思い、グランドの水が溜まっているところに砂をまいたりして、コンデションを整えるものの、またポツポツと・・・雨が落ちてきたりして、ギリギリまで決断するのが難しい状況でした。すると、『今日はタイヤ引き、やらないんですか?』と心配そうに来てくれている嬉しいまつり来場者もおり、楽しみにして来てくれている方もいるので、なんとか開催したいと思い、予定より30分遅れで開催する事にしました。
 いざ、受付を開始し、競技に入ると、心配していた天気もみるみる曇天から晴天に回復してきました。(日ごろの行いのせいか?)競技中には、汗がにじむ程の天候に恵まれ、判断を早めて中止にしなくてよかったな〜と改めて実感しました。多少のハプニングはあったものの、無事に競技を終えることができました。また、午前中の雨の影響で、参加者数は、昨年より大変少なくなるのではないかと思いましたが、昨年より僅かに少ない程度でおさまりました。このタイヤ引きレースもすっかり、あだち区民まつりに定着したんだな〜と実感させられました。ちなみに、今年のあだち区民まつりの2日間の全来場者数は“64万人”と発表されておりました。また来年も今年の反省を踏まえて開催したいと思っております。
情報通信員 関口心太 滑ヨ口運輸
 
<関東トラック協会青年部会研修見学会に参加して>

10月24日、千葉県のホテルスプリングス幕張にて始まり、天気が悪かったにもかかわらず、関東各県より、大勢の方が参加されました。
最初に見学したのは、トヨタL&Fカスタマーセンターと言う所で、物流センターの見学かと思っていたのですが、そこはショウルームみたいな所で、倉庫の運営についての提案や、色々な機器を用いてのピッキング方法、商品の保管方法など様々な提案がなされていて、お金の掛からないやり方や、最低限の設備投資など、段階を踏んだ運営方法は、とても為になりました。是非、今後に役立てたいと思います。
次に見学したのは、サッポロビール叶逞t工場で、物流センターと工場を見学し、最後にビールの試飲をさせて頂きました。期間限定のえびすの琥珀ビールはとても美味しかったです。やっぱりビールは瓶より生がおいしいと思います。その後、幕張に戻り、懇親会が行われ、交流も深まり大変良い研修になりました。
練馬支部青年部 飯田修一 大心運輸
 

<東北ブロック研修会報告>

平成20年11月14日(金)、福島県いわき市にあります『スパリゾートハワイアンズ』におきまして、平成20年度東北ブロック青年経営者研修会が開催され、東京からは大島本部長、佐久間副本部長と私の3人で出席をしてまいりました。私自身ご縁があって、3年連続で東北ブロックの研修会に参加させて頂いているのですが、業界全体として厳しい環境の中にもかかわらず、年々参加者も増えているようで、開始前の会場の雰囲気も、同業者たちとの交流を大切に思う仲間意識とその交流を通じて、『なんとかこの状況を改善したい!』という想いがいっぱいだったように感じました。
さて、研修会は豊田専務の「トラック業界を取り巻く環境と今後の課題について」をテーマとしたご講演からはじまり、地元いわき市に本社を構え、全国に1000店舗以上のお店をもつ『潟nニーズ』の代表取締役である江尻氏の「顧客ニーズに対応できる経営手法」と題した講演を拝聴しました。江尻氏は、1978年に女性向け衣料のお店を15坪程の売り場からスタートさせた方で、これまでの間、いつでもお客様のニーズに応える事だけを念頭におきながら、流行にも敏感に対応し、会社を成長させて来られたそうです。江尻氏は毎晩、次の日の予定をたてる時に、必ず10項目の新たな課題をたて、それを実行するそうです。なかなか全てを実行することは出来ないそうですが、これも自己啓発の手段であると語っていました。皆さんも10とは言わないまでも、5個位はトライしてみてはいかがでしょうか?何もしないよりは「マシ」ではないでしょうか?
最後にご講演いただいたのは、落語家の三遊亭鳳楽氏で、「笑いのある人生」という演題でお話をされました。笑うことで病気にかかりにくくなる事や、いさかい事も少なくなる等の事例を、笑いを織り交ぜながらお話していただき、大変楽しく参考になった内容でした。最近、テレビ等でも良く耳にしていましたが、『笑う』という行為は、かなり健康にいいみたいですよ。ちなみに作り笑いでも十分効果があるそうです。習慣にしてみてはいかがでしょうか?研修会後の懇親会にて、東北の方々との親睦を深め、さらに、ご当地ならではの「フラダンスショー」を楽しみ、ゆっくりと温泉につかり、今後の英気を養ってまいりました。
最後になりますが、貴重な経験をさせて頂きましたことを、この場を借りて感謝いたします。


副本部長 伏見健次 上野運送
 

<東日本地域・北陸信越ブロック研修報告>

平成20年10月10日に開催された、東日本地域及び北陸信越ブロック青年経営者研修会、に参加してきました。
講師は3名で、全ト協の豊田専務、航空自衛隊小松基地司令の石野貢三 氏、国交省大臣政務官の岡田直樹 氏のお話が聞けました。この中で印象に残った話が、石野氏の話の中でいくつかありまして、アメリカは軍事における革命(RMA)で、情報RMAを行ないました。これは、情報技術を中核とした先進技術を軍事分野に応用することによって生起する軍事上の改革です。RMAとはRevolution in Military Affairsと言い、戦術・組織等といった軍事に関する諸要素の「革命的な変化」を指します。なぜアメリカがこのような情報RMAを行なったかというと、1991年から始まった湾岸戦争において補給物資を輸送する際、コンテナの中身が分からずに途中で開けて確認したり、必要の無い物が入っていたりして、無駄な時間やコスト・労力がかかり、莫大なロスをしていた(柔軟性・迅速性・正確性に欠けていた)ので、最新のIT技術を使用して、システム化及びネットワーク化し、相乗効果を図り、人員削減や情報の共有化をして、ジャストインタイムを確立しました。その事により、人・物・情報を一帯運用する事で適時・適所・適量で提供する能力を作り上げました。例えばICタグですが、コンテナ一個ずつに貼り付け、全世界40箇所にポイントを授け、その場所を通過すると衛星で自動識別をして、中身・数量が瞬時に分かり、どの物資が何処へどのくらいの時間で到着するかが分かるそうです。やはり、アメリカは凄いと感心しましたが、見える化やジャストインタイムなどは、トヨタが先にやっていたのではなかったのか?という疑問と、ICタグは軍事用で開発されてから民間に来たのかな?という疑問を持ってしまいました。ただ、話の中で、JY(時代を読む)という言葉が出できたのですが、まさにそのとおりだと思いました。アメリカのように現在の状況を分析し、そのとき活用できる物や知識を取り入れ、来る時代に備えていく、また、変わって行く事が大事なのかなと話を聞いていて思いました。全く別の話ですが、石野氏は地下鉄サリン事件の被害者だったそうです。その体験したときの話で、驚きと怖いと思ったのは自分だけではなかったのではないかと思いました。大変貴重なお話が聞けました。

副本部長 武井一憲 虚粋苺ィ流

 

<中部ブロック研修報告>

11月7日(金)、名古屋市中区のホテル名古屋ガーデンパレスで開催された第20回中部ブロック青年経営者研修会に大島本部長、佐久間副本部長とともに参加してまいりました。主催者が、日本一の製造品出荷額を誇る中京工業地帯の物流を支える中部ブロック青年部協議会であり、全国から158名の参加者が集まったこともあって、期待通りの盛況でした。
まず、御来賓の方の挨拶として、全日本トラック協会の豊田専務理事から「ここにおられる方々は、例外なく燃料費の高騰危機を乗り切られたわけだが、燃料サーチャージが浸透し終えぬうちに軽油価格の下落が始まり、さあ、これからという時に、今度は輸送量の減少が顕著になるなど、すべての状況が同時に好転は非常にしづらいから、適正運賃を収受するクセをぜひつけよう」というお言葉がありました。仮にその価格がそのまま落ち着き、輸送量の回復が果たされ、さあ、今度こそという時には、おそらく労働力の確保という面での困難が予想されるわけで、三拍子揃った局面を迎えるのはいつになるのやらとも感じましたが、全てが自力ではどうにも解決できない問題ばかりなので、時代々々に器用に対応していくほかないという結論に至りました。
引き続き二部構成による研修会が開始され、第二部の講師で当社の隣町の(世田谷区立)弦巻中学出身の柔道家古賀稔彦氏からは、アクションを交えながらメダル獲得時のエピソード等をご披露いただきました。それに先駆けて、第一部で、7年前に大型トラックによる多重玉突き事故により、御主人を亡くされた安田あつ子氏(財団法人東海交通遺児を励ます会メンバー)が、講演「交通事故遺族の心情と願い」において主張された「企業である以上最大の利潤を求めてもらってもそれはかまわない、けれども命にまさる利潤はありえない」ということや「被害者遺族としては死亡事故を減らすだけではなく、ゼロにして、誰も加害者にも被害者にもならないクルマ社会を実現してもらいたい」といった言葉には、全ての参加者が絶対安全に対する意識を高揚させていました。と同時に、クルマ(トラック)を凶器に変える運転の追放に直結するような指導、教育こそが、公道を無料で使用し、事業を営む我々に課せられた最大のテーマであることも再認識させられました。

副本部長 石川敬介 用賀運送株式会社

 

<中国ブロック研修報告>

平成20年11月15日に開催された中国ブロック青年経営者研修会に参加してきました。
痛くない針を開発したことで有名な岡野工業(株)代表社員 岡野雅行 氏です。御年70オーバーですが、これがまたチャキチャキの江戸っ子で話が面白く、メインの話から直ぐに脱線をするので、本人いわく「1時間30分では俺の話は終わらない、2時間30分は必要だけど、せめて2時間は欲しかった」とご自分で言っていました。実際、今回の時間も1時間30分のところ、20分近くオーバーして終わったのですが、それでも足りないと言って帰っていきました。でもホントに面白かったと思いますよ。鈴が1枚の板から出来ているというまじめな話をしていたと思ったら、突然脱線して、その鈴を作っている会社は日本に1社しかなく、その鈴だけで六本木にビルを3つ建てて、おやじの○○○3人をビルの管理人にしているという話をしたりして、面白おかしく話を聞くことが出来ました。でも、たくさん良い話もしてくれて、「2代目3代目は先代と意見が違うのは当たり前、違う発想が無いと駄目だ、同じ考えだと会社は潰れる」とか、「どんなに凄い技術があっても特許は独り占めしてはいけない、町工場だと情報網が無いので、大企業が真似をしたら裁判で負ける。大企業と一緒にやれば防衛策にもなる」、また、「多くの人が特許を見たときに、自社の名前が大企業と一緒に掲載されるので、タダでPRにもなるし信用もつく、ただし大企業も悪い会社があるので、よく見てから付き合え」、「大企業は能率主義だから技術は中途半端、初めから最後まで一人でやるから痛くない針ができる、一つだけ取り柄があっても独立できない、トータルで出来ないと駄目」などの話を聞けました。岡野氏の話は、是非皆さんに聞いてもらいたいと思い、講師料等の情報を仕入れたのですが、これがまた結構いい金額なので、なかなか普通の研修会では難しいのですが、墨田区在住とのことなので、墨田支部の方にお力沿いをしてもらい、なんとか皆さんに聞いてもらおうと努力していきたいと思います。
このように、色々な方と出会い、色々なお話を聞けて大変感謝をしております。もし、私の報告を読んで興味が出た方がおられましたら、是非本部の研修等に顔を出していただき、私どもと一緒に活動をしてくださればと思います。

副本部長 武井一憲 虚粋苺ィ流

 

<四国ブロック研修報告>

11月21日(金)、徳島県にて「四国ブロック青年経営者研修会」に参加してまいりました。
講演では、徳島県知事の飯泉嘉門氏により「前進!徳島飛躍への道」と題して、徳島県の目指すべき将来を大変わかりやすくご説明されておりました。
今月は、各地のブロック研修が重なり、とてもハードでした。福島県、広島県、そして徳島県。他県に行って交流を図ることにより、東京の良さと、また、それとは反対に悪い部分がよくわかります。なんでも揃っている東京では、様々な感覚がある意味で麻痺しているのかもしれません。足元を見つめ直す、とてもよいきっかけとなりました。

副本部長 佐久間 恒好 鰹、運サービス